50代以降の腰痛

50代以降になると何かして痛くなるような急性腰痛ではなく、持続的で中々治らない腰痛にかかることが多くなります。この年代を超えると急性腰痛になりにくいことが分かっていますが、持続的な痛みで日常生活に支障が出るようなら大きな問題です。人間の体は動かしていれば発達しますが、動かさないと衰えていきます。健康上の問題でやむ得ない場合を除いては、年をとっても活動レベルを落とすべきではありません。腰椎も年齢と共に衰える事は確かですし、腰椎の変性や関節炎と診断されて、医師から病気と付き合っていくしかないと言われることもあるかもしれませんがこれは腰痛を我慢して付き合っていくしかないということではありません。腰の関節に変性(変形)が認められても、腰痛がない方も大勢いらっしゃいます。変性そのものは痛みの原因ではない場合もあります。ではそれはどうして痛みがないのでしょうか。それは筋肉が身体をささえているからです。

姿勢に気を遣う、筋トレを習慣化する事により腰痛が改善する場合も多々あるので正しい腰痛体操、エクササイズが知りたい方は良整骨院へお越しください。

良整骨院は長崎市の整骨院です。

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお困りの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、ストレッチをお望みの方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

20歳を超えた時点から老化が始まる。年間歳を追うごとに12%の筋力が低下する。何もせず日常生活のみ営んでいると70歳の頃には20歳の頃の半分まで筋力は低下する。そうすると何が起きるか?身体を動かし支えているのは筋肉。その筋肉が衰えれば関節などに負担が掛かり腰痛、膝痛などの原因となる。せっかく定年を迎え、今から旅行や趣味を楽しもうと思ってもいくらお金があっても動けない身体に。そうならないようにする為にはキツイ筋トレをして負荷を掛けることが大事。特に女性の場合、閉経を迎えると急激に女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が低下して骨粗鬆症に。骨を強くし成人病を予防し若々しく生きる為には筋トレが必要。

今から正しい筋トレ習慣を身に付けませんか?

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

20代以降、何もしなければ年に1〜2%程度の筋力が失われていきます。そうすると何が起きるのか?筋力が失われていく事で様々身体の不調が出てきます。代表的なものは腰痛、肩こり、膝の痛みなどまた筋量が失われる事により代謝が悪くなり太りやすくなるなど外見も損なわれます。外見だけ損なわれるならまだしも太ることで高血圧、脳や心臓疾患などの生活習慣病にもなりやすくなります。正しい筋トレを行えばこれらの疾患の予防に繋がります。また、高齢者であっても筋力をつけることで転倒予防、寝たきり予防になります。
筋トレをするとこによるメリット
脂肪燃焼の効率アップ!
筋トレによって分泌されるアドレナリンや成長ホルモンは脂肪の消費を促進するもの。筋トレ後にジョギングなどの有酸素運動を行う事で更に脂肪が燃えやすくなる。
肩こり、腰痛解消&姿勢の改善
全身をバランスよく鍛えれば、身体を支える筋肉が強くなり、姿勢が改善される。身体の歪みや偏りが改善され肩こりや腰痛、膝の痛みなどの予防、解消にも繋がる。
太りにくく痩せやすい身体
筋肉量が増えると、基礎代謝量も増える。各種ホルモンが多く分泌されることで基礎代謝量が増えるばかりか、筋トレを継続することで長期的に太りにくく痩せやすい身体になる。
アンチエイジング効果
筋トレにより分泌される成長ホルモンは免疫機能を高め、新陳代謝を促す為美肌効果、身体の老化を遅らせる効果がある。
疲れにくい身体になる
筋力が強くなれば、日常生活で加わる負荷が相対的に軽くなり日々快適に活動出来るようになる
やる気、精力がみなぎる
筋トレは成長ホルモンだけではなく、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量もアップさせる。男性ホルモンは活力を高める効果があり、男らしさが生まれる。
スポーツパフォーマンスの向上
筋量が増え、筋力が向上する事により運動神経がより発達する為、競技パフォーマンスがアップする。但し、競技の特性、自己の身体の状態を考慮した上でメニューを作成しないと競技力の低下を招くこともあるので注意が必要。
以上のように様々なメリットが筋トレにはあります。皆さんも1日に10分でも20分でも良いので自分の身体と向き合う時間を作りましょう!
長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害でお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ