ポッコリお腹の改善には大腰筋を鍛えましょう!

大腰筋とは?

背骨と大腿骨(太ももの骨)を直接繋いでいる大きな筋肉。下腹の深部、背中の内側にあるので表面からは確認出来ない。

主な働きは?

背骨と骨盤が正しい位置になるように調整しながらお腹周りの脂肪や内臓も支えている。また股関節を屈曲させて太ももを引き上げる動作を助けたり、背骨の自然なS字カーブを保って、正しい姿勢に導く働きも持つ。

大腰筋が衰えると?

姿勢を上手く維持できず猫背気味になり、腰や背骨に負担が掛かって腰痛や肩こりの原因に。骨盤の位置が変わって内臓が下垂し、下腹がポコンと出る。更に血行が悪くなることで代謝低下や冷え性を招く場合もある。

鍛えるには?

階段を上る、その場もも上げ、レッグレイズなど下半身を動かす腹筋のトレーニング。

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ