身体の硬さと身長の関係

成長期の子供の場合、骨が成長して長くなるという過程がある為、それに伴って関節可動域が広くなったり狭くなったりする事が分かっています。そして、骨の成長に筋肉の成長が追いつかないと、筋肉の柔軟性も失われる事があります。その後、筋肉が成長すると柔軟性は戻って来ますがスポーツなどをする時にそういう変化にも気を配る必要があります。指導者や保護者が「子供は身体が柔らかいものだ」と先入観を持って指導するのは危険です。疲労の蓄積によって筋肉が硬くなった状態のまま運動を続けるとそれがスポーツ障害を引き起こす原因になるとも言われています。代表的なものにはバスケットやサッカーのように飛んだり、ボールを蹴ったりするスポーツに多い、「オスグッド」があります。コレは「成長痛」とも言われ、骨と筋肉を繋ぐ脛の成長軟骨が大腿四頭筋の筋力について行けず炎症を起こしたりひどい場合は脛骨粗面と言われる場所が剥がれたりするスポーツ障害です。オスグッドは安静にしている時には痛みを感じず運動をすると痛む事が多い為、痛みが出た時は運動を控えると言った配慮が必要です。またオスグッドに限らず、子供のスポーツ障害を防ぐためには筋肉が硬くならないように正しいストレッチをしっかり行う事が大切です。このように筋肉の硬さとスポーツ障害の間には関連性もありますが身長の伸びに与える影響はありません。正しいストレッチ方法を知りたい方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

オスグットシュラッター病とは思春期に起こる膝の疾患で身長が伸びる時に筋肉などの成長が追いつかず脛骨粗面と言われる場所が筋肉に引っ張られて隆起し炎症を起こしたり酷い場合は剥離骨折を起こすこともある。成長期にはよくある疾患。

基本的に太ももの筋肉が硬くなることが原因なのでストレッチやマッサージなどで太ももの筋肉を柔らかくすることが大事。またサポーターなどで膝に負担をかけないようにする、痛みが強い時は部活動など無理をせずに休むことも悪化させない為には必要となる。殆どの場合は保存療法主体で手術になることは稀な疾患で日々のケアが大切です。

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

感染症予防対策実施中!