カラダの内側から崩れて膨らむ40代。

20.30代と筋肉量が減少する生活習慣を続けていると、体型は確実に変化します。人の体は、骨格という基礎の上に筋肉の土台があり、その表面を脂肪が覆っています。ところが筋肉量の減少などから脂肪が増えると、それ自体は形を支える能力のない組織ですから、垂れ下がって体型が崩れてきます。しかし、それはまだ、筋肉と皮下脂肪の関係です。それに輪をかけて、さらにホルモン分泌量の減少が追い打ちをかけてくるのが40代。女性ホルモンのエストロゲンはお腹に脂肪をつけにくく、お尻や太ももにはつきやすくすると言われています。脂肪代謝を活発にし、内臓脂肪をつきにくくすることで、ウエストがくびれた女性らしい体型に導くからです。エストロゲンには、骨からカルシウムが溶け出るのを防ぐという重要な役割もあります。 50代になると、閉経により骨粗鬆症が進み、骨が急激に脆くなります。体の屋台骨がスカスカになって歪めば、体型が根本から修復不可能になり、手の施しようがなくなってしまいます。更年期による女性ホルモンの減少は体型崩壊の加速にも繋がります。

それを食い止めるには常日頃から運動と栄養に気を配り、骨の弱体化を防ぐこと。

実際に、骨の密度と筋力の間には、明らかな相関関係があると言われてます。筋力が強い人はそれだけ骨に刺激が与えられるので骨の硬さが維持されるからです。体型崩壊を防ぐためには、20代からコツコツ運動を続けるのが望ましいですが30代なら遅れは取り戻せるし、40、50代以降も上手に運動を取り入れれば必ず間に合います。モチベーションを高く持って運動に励みましょう!

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害でお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

20代以降、何もしなければ年に1〜2%程度の筋力が失われていきます。そうすると何が起きるのか?筋力が失われていく事で様々身体の不調が出てきます。代表的なものは腰痛、肩こり、膝の痛みなどまた筋量が失われる事により代謝が悪くなり太りやすくなるなど外見も損なわれます。外見だけ損なわれるならまだしも太ることで高血圧、脳や心臓疾患などの生活習慣病にもなりやすくなります。正しい筋トレを行えばこれらの疾患の予防に繋がります。また、高齢者であっても筋力をつけることで転倒予防、寝たきり予防になります。
筋トレをするとこによるメリット
脂肪燃焼の効率アップ!
筋トレによって分泌されるアドレナリンや成長ホルモンは脂肪の消費を促進するもの。筋トレ後にジョギングなどの有酸素運動を行う事で更に脂肪が燃えやすくなる。
肩こり、腰痛解消&姿勢の改善
全身をバランスよく鍛えれば、身体を支える筋肉が強くなり、姿勢が改善される。身体の歪みや偏りが改善され肩こりや腰痛、膝の痛みなどの予防、解消にも繋がる。
太りにくく痩せやすい身体
筋肉量が増えると、基礎代謝量も増える。各種ホルモンが多く分泌されることで基礎代謝量が増えるばかりか、筋トレを継続することで長期的に太りにくく痩せやすい身体になる。
アンチエイジング効果
筋トレにより分泌される成長ホルモンは免疫機能を高め、新陳代謝を促す為美肌効果、身体の老化を遅らせる効果がある。
疲れにくい身体になる
筋力が強くなれば、日常生活で加わる負荷が相対的に軽くなり日々快適に活動出来るようになる
やる気、精力がみなぎる
筋トレは成長ホルモンだけではなく、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量もアップさせる。男性ホルモンは活力を高める効果があり、男らしさが生まれる。
スポーツパフォーマンスの向上
筋量が増え、筋力が向上する事により運動神経がより発達する為、競技パフォーマンスがアップする。但し、競技の特性、自己の身体の状態を考慮した上でメニューを作成しないと競技力の低下を招くこともあるので注意が必要。
以上のように様々なメリットが筋トレにはあります。皆さんも1日に10分でも20分でも良いので自分の身体と向き合う時間を作りましょう!
長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害でお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ