腰椎分離症、すべり症について。

多くは体が柔らかい小学高学年〜高校生頃に、ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。「ケガ」のように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習などで繰り返して腰椎をそらしたり回したりすることで起こりる所謂、オーバートレーニングです。一般の人では5%程度に分離症の人がいますが、スポーツ選手では3040%の人が分離症になっています。分離症は10歳代で起こりますが、それが原因となってその後徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります。

症状

1番の症状は腰を反らすと腰に痛みが出ます。また普段はそんなに痛くないけど練習後に痛みが増悪するというような症状もあります。

検査、治療

まずは成長期に腰の痛みを訴えて腰を反らすと痛いようならまずはレントゲンを撮りましょう。

異常なしの場合であれば一先ず筋膜性腰痛(筋肉の張り)の可能性もあるのでコルセット、超音波療法などで様子を見てあまりに治りが悪ければMRIを撮りレントゲンで写らないヒビなどないか確認しましょう。

当院では福岡でアメリカンフットボールのヘッドトレーナーを6年、そのプロ、アマ問わず指導、治療に当たっていた経験豊富な院長が直接治療に当たります。安心してご来院ください。

良整骨院は長崎市の整骨院です。

長崎市で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故によるむちうち、怪我でお困りの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ