怖い!!40代、50代の体型崩壊メカニズム

20代、30代と筋肉量が減少する暴飲暴食や運動しないなどの生活習慣を続けていると体型は確実に変化します。

人のカラダは骨格という基礎の上に筋肉の土台があり、その表面を脂肪が覆っています。ところが筋肉量の減少などから脂肪が増えると、それ自体は形を支える能力のない組織ですから垂れ下がって体型が崩れてきます。

しかし、それはまだ筋肉と皮下脂肪の関係です。それに輪をかけて、更にホルモンの分泌量の減少が追い打ちをかけてくるのが40代。

女性ホルモンのエストロゲンはお腹に脂肪をつきにくくお尻や太ももにつきやすくすると言われます。エストロゲンには、骨からカルシウムが溶けでるのを防ぐという重要な役割があります。50代になると閉経により骨粗鬆症が進み、骨は急激に脆くなります。身体の屋台骨がスカスカになって歪めば体型は根本から修復不可能になり、手の施しようがなくなってしまいます。更年期によるホルモンの減少は体型崩壊を加速させます。それを食い止めるには日頃から栄養と筋トレや有酸素運動などに気を配り骨の弱体化を防ぐコト。

実際に骨の密度と筋力の間には明らかな相関関係があります。

筋力が強い人はそれだけで骨に刺激を与えられるので骨の硬さが維持されるからです。体型崩壊を防ぐ為には20代からコツコツ筋トレを続けるのが望ましいですが30代なら遅れを取り戻せますし、40代以降でも正しい筋トレを行えば必ず間に合います。皆さん、今から将来の自分のため、家族のために自分のカラダに投資しませんか?

良整骨院

受付時間

平日9::0019:00迄(水曜日除く)

土曜日9:0018:00

日曜祝祭日 9:0012:30(完全予約制)*一部休日料金

S&Cパーソナルトレーニング

受付時間

平日、土曜日13:0022:00

日曜祝祭日 9:0012:30(完全予約制)*一部休日料金

パーソナルトレーニング初回体験1,980円随時実施中!