ポッコリお腹を凹ませる方法

ポッコリお腹を凹ませるにはズバリ大腰筋を鍛えることです。大腰筋は女性の体型崩壊を食い止める為に非常に重要な深部の筋肉です。生活習慣や加齢によって筋肉が減少し、体を支えていた筋群が衰えると姿勢を維持するのが難しくなってきます。骨盤の角度が変わり、細く痩せた筋肉の隙間から脂肪が入り込んでお腹はポッコリ、猫背に。お腹痩せの観点から考えるとまず注目すべきは、体の1番芯になる部分、骨盤まわりの姿勢を正すことが最初の大事なステップです。背骨や骨盤など、体の中心を支えている大腰筋は、衰えるとゆるんで、骨盤の角度がだらんと寝て、前にせり出した状態に。

大腰筋を鍛えて、骨盤の角度と位置を正しく調整することにより、体の奥の土台が整い、内臓の位置やお腹周りの太さが改善します。更に大腰筋と協調して姿勢を維持している腹筋群も鍛えると更に効果的です。

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

大腰筋とは?

背骨と大腿骨(太ももの骨)を直接繋いでいる大きな筋肉。下腹の深部、背中の内側にあるので表面からは確認出来ない。

主な働きは?

背骨と骨盤が正しい位置になるように調整しながらお腹周りの脂肪や内臓も支えている。また股関節を屈曲させて太ももを引き上げる動作を助けたり、背骨の自然なS字カーブを保って、正しい姿勢に導く働きも持つ。

大腰筋が衰えると?

姿勢を上手く維持できず猫背気味になり、腰や背骨に負担が掛かって腰痛や肩こりの原因に。骨盤の位置が変わって内臓が下垂し、下腹がポコンと出る。更に血行が悪くなることで代謝低下や冷え性を招く場合もある。

鍛えるには?

階段を上る、その場もも上げ、レッグレイズなど下半身を動かす腹筋のトレーニング。

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

腸腰筋を鍛えて腰痛知らずに。

おはようございます!今日は腰痛と腸腰筋の関係について書いてみようと思います。まず、腸腰筋とはどこの筋肉かというと腸腰筋は腰椎(腰の骨)、大腿骨(太ももの骨)を結ぶ大腰筋と腸骨筋の二つの筋肉から成り立ちます。外部からは見えないインナーマッスルです。巷では「スポーツに腸腰筋が大事」と言われるようになってきましたが実は腸腰筋の働きは完全には解明されていません。スプリンターの腸腰筋が太いことは研究で確認されています。また高齢になると細くなることも間違いありません。という事は走行能力や歩行能力に関係しているわけですが実際にカラダの中でどのように使われているかわかっていません。一方で骨盤の傾き具合や脊柱の曲がり具合がなどを調整する働きもあります。コレはどちらかというとインナーマッスルとしての働きになります。そんな変わった筋肉なのでその機能を完全に把するのが難しい筋肉です。ただ疫学的な研究において黒人は日本人の3倍程腸腰筋が太いそうです。それが黒人が腰痛の少ない理由ではないかと言われています。ですのでしっかり腸腰筋を鍛えていく事が腰痛を改善させる一つの方法となるのではないかと思います。次回は腸腰筋の鍛え方について書いてみようと思います。

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、ムチウチでお困りの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

 

ポッコリお腹解消には大腰筋を鍛えましょう!

大腰筋とは?

背骨と大腿骨(太ももの骨)を直接繋いでいる大きな筋肉。下腹の深部、背中の内側にあるので表面からは確認出来ない。

主な働きは?

背骨と骨盤が正しい位置になるように調整しながらお腹周りの脂肪や内臓も支えている。また股関節を屈曲させて太ももを引き上げる動作を助けたり、背骨の自然なS字カーブを保って、正しい姿勢に導く働きも持つ。

大腰筋が衰えると?

姿勢を上手く維持できず猫背気味になり、腰や背骨に負担が掛かって腰痛や肩こりの原因に。骨盤の位置が変わって内臓が下垂し、下腹がポコンと出る。更に血行が悪くなることで代謝低下や冷え性を招く場合もある。

鍛えるには?

階段を上る、その場もも上げ、レッグレイズなど下半身を動かす腹筋のトレーニングが良いです。

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、ムチウチでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

20.30代と筋肉量が減少する生活習慣を続けていると、体型は確実に変化します。人の体は、骨格という基礎の上に筋肉の土台があり、その表面を脂肪が覆っています。ところが筋肉量の減少などから脂肪が増えると、それ自体は形を支える能力のない組織ですから、垂れ下がって体型が崩れてきます。しかし、それはまだ、筋肉と皮下脂肪の関係です。それに輪をかけて、さらにホルモン分泌量の減少が追い打ちをかけてくるのが40代。女性ホルモンのエストロゲンはお腹に脂肪をつけにくく、お尻や太ももにはつきやすくすると言われています。脂肪代謝を活発にし、内臓脂肪をつきにくくすることで、ウエストがくびれた女性らしい体型に導くからです。エストロゲンには、骨からカルシウムが溶け出るのを防ぐという重要な役割もあります。 50代になると、閉経により骨粗鬆症が進み、骨が急激に脆くなります。体の屋台骨がスカスカになって歪めば、体型が根本から修復不可能になり、手の施しようがなくなってしまいます。更年期による女性ホルモンの減少は体型崩壊の加速にも繋がります。それを食い止めるには常日頃から運動と栄養に気を配り、骨の弱体化を防ぐこと。実際に、骨の密度と筋力の間には、明らかな相関関係があると言われてます。筋力が強い人はそれだけ骨に刺激が与えられるので骨の硬さが維持されるからです。体型崩壊を防ぐためには、20代からコツコツ運動を続けるのが望ましいですが30代なら遅れは取り戻せるし、4050代以降も上手に運動を取り入れれば必ず間に合います。モチベーションを高く持って運動に励みましょう!

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

こんにちは。今日は「反り腰」についてです。女性、特に産後の女性に多い反り腰ですが実は男性にも増えてきている反り腰。

慢性的な腰痛に悩まされるかどうかは、普段の姿勢で決まります。壁を背にして立ったとき、腰に手がすっと入るのが腰に負担のかかりやすい「反り腰」。腹筋など「体の前側の筋肉」と、姿勢を支えるべき「体の後ろ側の筋肉」のバランスの崩れが原因となり、腰痛が起こります。解決法は、固まった筋肉をほぐし、なまけた筋肉を鍛えること。腰がすっと伸びれば痛みも軽くなり、猫背もすっきり、体のラインもきれいになって、いいことづくめです。反り腰でお悩みの方は良整骨院もしくはS&Cパーソナルトレーニングジムへお越し下さい。

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

今日は「女性必見!ポッコリお腹に効くエクササイズ」をご紹介致します。全体的には細いけど下腹部だけポッコリしてるとお悩みの方いらっしゃるのではないでしょうか。

今回、紹介するレッグレイズはそんなお悩みに大変効果的なエクササイズです。

説明と動画をよく見て実践してくださいね!

① まず、イスやテーブルなどに浅めに座り膝を軽く曲げ床に足がつかない程度にします。

② そこから膝を身体に近づけていく訳ですが直線的に近づける訳ではなく円を描くように膝を鼻につけるつもりで引き寄せます。

③ コレを10〜15回×3セット行いましょう!

もっと詳しいやり方を知りたい方はS&Cパーソナルトレーニングジムへ

レッグレイズ動画 ↓

293507E3-AD50-4A16-8421-A274E326D8B4