サッカーをしてるんだけど3ヶ月前に左股関節を剥離骨折した1ヶ月半休んで医者からもう骨もくっついたからサッカーしていいって言われたけどしたらまた痛くなった。どうして?

先日、サッカーを頑張っている中学生の男の子が新規で来院されました。3ヶ月ほど前に左の股関節が痛くなり、段々、歩くのも痛くなり始めたので病院でレントゲンとMRIを撮った結果、剥離骨折の診断を受け1ヶ月半ほどサッカーを中止して療養していたそうです。

痛みもなくなり、病院での再診でも『もう骨もくっついているから大丈夫』と言われたそうです。

練習して良いと言われたため次の日から練習したらまた痛くなり当院へ来院したとのことでした。

なぜ、骨もくっついて痛みも日常生活では痛くなかったのに痛くなったのか?

これはよくあることなのですが大好きなスポーツを怪我の為に1ヶ月半も休んでいてもう骨もくっついているから運動していいよと言われたらそりゃがっつりやりますよね?そのスポーツが大好きだから。でも1ヶ月半も休んだら筋力や柔軟性低下が必ず起こります。弱った状態でいきなり怪我する前のレベルでやれば体がついていけず当然、また痛くなります。

だからそこは医療機関がきちんと道標を示してあげる必要があります。今回はそれがなかったのが痛みが出た原因だと思います。幸い、今回は剥離骨折までは起こしていない状態だったので施術を行い、完全復帰までの道標を示しました。

まずはジョギングから始めて徐々にスピードを上げていくこと。

②全力で走れるようになったらコーンドリルなどを行う。

③コーンドリルも問題なくなったらシュートをしてみる。

④シュートも痛みなく打てるようになったら試合形式の練習に参加

⑤完全復活

⑥練習後のアイシングとストレッチを徹底

上記をやってもらいながら週1回の施術を続けて昨日、来院した時には痛みも完全になくなり練習しても問題なくなっていました。

③鼠径部痛症候群(グロインペインシンドローム)

ランニングや起き上がり、キック動作など腹部に力を入れたときに鼠径部やその周辺に痛みが生じます。

他の競技と比べサッカー選手に多く見られ、一度なると治りにくいのが特徴です。また悪化すると剥離骨折を起こすことも。

体幹から股関節周辺の筋や関節の柔軟性(可動性)の低下による拘縮や骨盤を支える筋力(安定性)低下による不安定性、体幹と下肢の動きが効果的に連動すること(協調性)が出来ず不自然な使い方によって、これらの機能が低下し、痛みと機能障害の悪循環が生じて症状が慢性化していきます。

何らかの原因で可動性、安定性、協調性に問題が生じたまま、無理にプレーを続けると、体幹から股関節周辺の機能障害が生じやすくなります。

また、片足で立ってキックを多くするサッカーの動作そのものが発症の誘因になります。

当院での施術に関しては可動性、安定性、協調性の問題を評価し、それを修正する為に電気治療、マッサージ、筋力訓練、ストレッチ指導などを行います。詳しくは当院へご相談ください。

良整骨院は長崎市の整骨院です。

肩こり腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

良整骨院・整体院

受付時間

平日9::0019:00迄(水曜日除く)

土曜日9:0018:00

日曜祝祭日 9:0012:30(完全予約制)*一部休日料金

S&Cパーソナルトレーニングジム・スポーツマッサージ院

受付時間

平日、土曜日13:0022:00

日曜祝祭日 9:0012:30(完全予約制)*一部休日料金

整骨院、パーソナルトレーニングの詳しい情報はホームページにアクセスください。

または良整骨院TEL095-865-9657までお気軽にお問い合わせ下さい。

シンスプリント(脛骨骨膜炎)とは?

陸上部の中、長距離ランナーに多く、ジョギング愛好家にもみられる疾患で下腿部(脛の内側)に痛みが出る疾患。原因は使いすぎ(頑張りすぎ)によって脛の筋肉が過度に張り、脛骨の骨膜に微細な損傷を起こす。症状が酷くなると疲労骨折を起こす事もある。

治療は?

痛みが強い場合はまずは安静にする事が大事。その上で超音波療法や下腿部のストレッチ、マッサージなどを行い骨膜にかかる負担を減らす必要がある。症状が軽い場合は練習前後のストレッチ、練習後のアイシング、練習中はテーピングなどを行い極力患部の負担を減らす必要あり。

良整骨院は長崎市の整骨院です。

肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

土曜日18:00まで

日曜日営業中!!

 

いつも当院をご利用頂き誠にありがとうございます。当院は令和5年9月より完全予約制にて日曜営業を開始しました。
詳細は下記の通りです。

営業時間 9:00〜12:00
受付方法
前日18:00迄にネット予約または良整骨院(TEL 095-865-9657)まで。当日予約不可。
料金
保険診療のみ休日料金として1,000円〜2,000円別途加算されます。

土曜日18:00迄
日曜日営業!

痛めたらRICE処置!

スポーツ医療先進国のアメリカでは既に一般的なRICE。安静(rest)、冷却(icing)、圧迫(compression)、挙上(elevation)の頭文字をとった応急処置のテクニックです。怪我(骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れ等)をすると、腫れや痛みなどの炎症を起こします。そのままにしておくとダメージが広がり、回復を遅らせることもあります。アイシングは腫れや痛みなどを抑えてダメージを最小限にとどめ、回復を早める手助けとなります。とにかく怪我したら「RICE処置」を忘れずに!

シンスプリント(脛骨骨膜炎)とは?

陸上部の中、長距離ランナーに多く、ジョギング愛好家にもみられる疾患で下腿部(脛の内側)に痛みが出る疾患。原因は使いすぎ(頑張りすぎ)によって脛の筋肉が過度に張り、脛骨の骨膜に微細な損傷を起こす。症状が酷くなると疲労骨折を起こす事もある。

治療は?

痛みが強い場合はまずは安静にする事が大事。その上で超音波療法や下腿部のストレッチ、マッサージなどを行い骨膜にかかる負担を減らす必要がある。症状が軽い場合は練習前後のストレッチ、練習後のアイシング、練習中はテーピングなどを行い極力患部の負担を減らす必要あり。

良整骨院は長崎市の整骨院です。

肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

ゴールデンウィークの営業のお知らせ

いつも当院、当ジムをご利用頂き誠にありがとうござ います。

ゴールデンウィークは下記の日程にて営業致 します。

4月29日(土)、5月4日(木)、5日(金)は完全 予約制となりますので治療、

パーソナルトレーニング をご希望の方はお早めにご予約ください。

4月29日(土)9:00~15:00 要予約
4月30日(日)休院日
5月1日(月)通常通り
5月2日(火)通常通り
5月3日(水)休院日
5月4日(木)9:00~13:00 要予約
5月5日(金)9:00~13:00 要予約
5月6日(土)通常通り
5月7日(日)休院日

良整骨院 S&Cパーソナルトレーニングジム

 

おはようございます☀今日は横方向への動きの多いサッカー、テニス、卓球etcのパフォーマンスアップに効果的なラテラルステップアップエクササイズをご紹介します(^^)
ラテラルステップアップは内転筋に大きな負荷を与えるエクササイズです。またトップポジションで片足支持となる為バランス感覚向上にも効果があります!
まずは自重のみで行い10回楽に出来る様なら動画のように手に重りを持って行います!
やり方は台や椅子(高いと負荷が上がります)の横に立ち片方につき10回上ったり下りたりを繰り返します。片方終わったら逆足を行います。インターバルを挟んで3セット程度行いましょう(^^)

ラテラルステップアップ動画

IMG_4188

新規体験1,980円随時実施中!
予約の要らないセミパーソナルトレーニングも好評実施中!
詳しくはホームページをご覧ください♪

首、肩、腰、膝などの関節や筋肉の痛みや不安がある方は良整骨院まで。

こんにちは(^^)
今日はパーソナルトレーニングの空き情報についてお知らせ致します。

月曜日13:00〜、21:00〜第2トレーニングスペース(良整骨院)
木曜日13:00〜第2トレーニングスペース(良整骨院) 20:40〜第1ジム(西山台)
金曜日21:00〜第2トレーニングスペース(良整骨院)
土曜日19:30〜第1ジム(西山台)

上記に関しましては比較的空きになる可能性の日時と場所です。埋まっている場合もございます。他の日時も空きがある場合もございますので良整骨院までお問い合わせください。

新規体験1,980円随時実施中!!

予約はこちらから。

https://www.koutsujiko-ryoseikotsuin.com/personal-training/

 

こんにちは。年末年始の営業のお知らせです。
12月30日(金)、1月4日(水)は9:00〜15:00の完全予約制となります。通常営業は年内は12月29日(木)迄、新年は5日(木)より通常営業致します。

良整骨院は長崎市の整骨院です。
肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故によるむちうち、怪我でお困りの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

鼠径部痛症候群(グロインペインシンドローム)

ランニングや起き上がり、キック動作など腹部に力を入れたときに鼠径部やその周辺に痛みが生じます。他の競技と比べサッカー選手に多く見られ、一度なると治りにくいのが特徴です。体幹から股関節周辺の筋や関節の柔軟性(可動性)の低下による拘縮や骨盤を支える筋力(安定性)低下による不安定性、体幹と下肢の動きが効果的に連動すること(協調性)が出来ず不自然な使い方によって、これらの機能が低下し、痛みと機能障害の悪循環が生じて症状が慢性化していきます。

何らかの原因で可動性、安定性、協調性に問題が生じたまま、無理にプレーを続けると、体幹から股関節周辺の機能障害が生じやすくなります。

また、片足で立ってキックを多くするサッカーの動作そのものが発症の誘因になります。 当院での施術に関しては可動性、安定性、協調性の問題を評価し、それを修正する為に電気治療、マッサージ、筋力訓練、ストレッチ指導などを行います。詳しくは当院へご相談ください。

ランニングやジャンプを長時間繰り返しおこなうことによって膝に痛みが生じてきます。痛みの程度により重症度が異なります。

軽症

スポーツは可能であるが、その後痛む。

中等症

スポーツのプレーには支障がないが、途中と後で痛む。

重症

常に痛み、プレーに支障が出る。

最重症

腱や靱帯の断裂。

オーバートレーニングにより生じるため、使い過ぎ症候群(over use)ともよばれます。

靭帯や腱が骨に停止するところでは、筋肉のはたらきによるストレスが集中しやすく、組織の小さな損傷が生じます(①②③)。また、靭帯が骨のすぐ上を通るところでは、膝の曲げ伸ばしによって靭帯と骨の摩擦が生じて炎症の原因になります()

大腿四頭筋腱付着部炎(ジャンパー膝)

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)

鵞足炎

腸脛靭帯炎

選手側の問題としては、筋力不足、筋力のアンバランス、骨の成長と筋の伸びとのアンバランス、からだの柔軟性不足、アライメント不良などが挙げられ、練習や環境の問題としては、オーバートレーニング、選手の体力や技術に合わない練習、不適切な靴、硬すぎたり軟らかすぎる練習場などが挙げられます。

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、ムチウチでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

足関節捻挫の仕組み

足首を強く捻る、また捻った状態で着地することが原因で靭帯を損傷します。また足首捻挫の90%以上が足首を内側に捻る内反捻挫です。外側の靭帯に負担がかかり、靭帯が損傷すると外くるぶしの周りに腫れや痛みが出ます。スポーツでは最も多いケガの一つです。捻挫は一度してしまうと、靭帯が伸びて役割を果たしにくくなり、再発してしまうことも多い。受傷した場合、捻挫の度合いによって適切な固定を行い、その後サポーターやテーピングを使いながら段階的なリハビリを行います。

足関節捻挫の受傷原因

切り返しやサイドステップ、カットイン、ストップ動作、ジャンプや着地といった動きの中で自らバランスを崩して捻挫をしてしまうケースが多くあります。また動きとは別にグランドの問題もあります。例えば人工芝ではストップ動作がしやすい反面、特に足首にかかる負担が大きく、捻挫の発生率が上がるとも言われています。

復帰までの流れ

受傷直後はできる限り早めにRICE処置を行います。(図参照)RICE処置の時間は一般的に4872時間と言われます。その間は1日最低2回は1015分程アイスノンや氷などで凍傷に気をつけて冷やしましょう。しかし内出血があり触って熱を持っているようならこれ以上の期間冷やす必要があります。また固定は内出血が出ている場合は内出血がなくなるまで固定しましょう。痛みが収まって来たら痛くない範囲で足首を動かしましょう。コレを怠ると後で走った際にふくらはぎにかかる負担が大きくなり、また足首が腫れる原因になることもあります。さらに筋力回復にも努めましょう。日常生活で痛みがなくなれば、サポーターやテーピングを使用して少しずつジョギングを始めます。その際、速く走ったり、横に動いたりしながら、実際のスポーツの動作で治り具合を確認してみましょう。ただ痛いようならまだその動きをするには早いので無理はしないようにしましょう!

腰椎分離症・すべり症

10代前半の成長期のお子さんで運動を一生懸命やっておられて急に腰が痛くなったということはありませんか?

あるいは、運動時には腰が痛いけれど普段はなんとも無いというようなことはありませんか?

普通に運動を続けることは可能でも背中をそらしたりすると痛むという症状がありませんか?

こういう場合には「腰椎分離症」を疑ってみた方がよいかもしれません。分離症は疲労骨折とも言われます。分離症が進行するとすべり症になります。分離症(疲労骨折)は発見が早いとコルセットをし運動を中止する事で治癒することも多い疾患です。また骨癒合を早める為に超音波療法も効果的です。

上記のような症状が見られる場合は早めにレントゲンを撮ることをオススメ致します。

当院は整形外科2件、内科1件、脳神経外科1件と提携し治療に当たっております。

安心してご来院ください。

良整骨院は長崎市の整骨院です。

肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、スポーツマッサージをご希望の方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

腰痛専門治療

https://www.koutsujiko-ryoseikotsuin.com/lumbago/

こんにちは。予約の必要がないセルフパーソナルトレーニング始めました。詳しくは下記のURLからアクセスしてくださいね。

10minutes workout

https://www.koutsujiko-ryoseikotsuin.com/personal-training/lp_10minutes-workout-diet.html

8月11日〜8月15日までお休みを頂きました。ご先祖様への挨拶もでき有意義な休みを頂きました。8月16日本日より通常通り営業しております。

良整骨院

https://www.koutsujiko-ryoseikotsuin.com/

S&Cパーソナルトレーニング

https://www.koutsujiko-ryoseikotsuin.com/personal-training/

 

ランニングや起き上がり、キック動作など腹部に力を入れたときに鼠径部やその周辺に痛みが生じます。他の競技と比べサッカー選手に多く見られ、一度なると治りにくいのが特徴です。体幹から股関節周辺の筋や関節の柔軟性(可動性)の低下による拘縮や骨盤を支える筋力(安定性)低下による不安定性、体幹と下肢の動きが効果的に連動すること(協調性)が出来ず不自然な使い方によって、これらの機能が低下し、痛みと機能障害の悪循環が生じて症状が慢性化していきます。

何らかの原因で可動性、安定性、協調性に問題が生じたまま、無理にプレーを続けると、体幹から股関節周辺の機能障害が生じやすくなります。

また、片足で立ってキックを多くするサッカーの動作そのものが発症の誘因になります。 当院での施術に関しては可動性、安定性、協調性の問題を評価し、それを修正する為に電気治療、マッサージ、筋力訓練、ストレッチ指導などを行います。詳しくは当院へご相談ください。

股関節専門治療

https://www.koutsujiko-ryoseikotsuin.com/articulatio/

いつも良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムをご利用頂き誠に有難うございます。
お盆休みのお知らせです。
8月11日(木)〜8月15日(月)までお盆休みとさせて頂きます。患者様、クライアント様には大変ご迷惑をお掛け致しますがご理解の程よろしくお願い致します。尚、8月16日(火)より通常営業致します。

おはようございます!今日は産後体型について書いてみようと思います。

産後体型とは?

産後体型とは妊娠中お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれてドンドンお腹が前にせり出して来ます。そうすると背骨が反る状態になります。そのままではまともに生活が送れない為、骨盤を前傾させてバランスを保とうとします。ようするに言い方は悪いですが出っ尻状態になります。これが出産後すぐには治らずそのままの状態になります。これを産後体型といいます。当院に来院される産後の方90%以上はこの体型です。この体型になると腰を前に曲げるのは痛くないけど反らすと腰が痛い、ベットで仰向けに寝れないなどの症状が出ます。ではこの産後体型を治すためにはどうしたら良いでしょうか?

一つの方法としては写真のストレッチをやることです。詳しく知りたい方良整骨院まで。

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、 スポーツ障害、交通事故による怪我、むちうちでお悩みの方、骨盤矯正、筋トレ、ダイエット、ストレッチをお望みの方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ

交通事故治療(自賠責保険) 労災 各種保険取扱い

日本は世界第1位の長寿国です。しかし、そんな日本人の寝たきり年数を見るとかなり悪い結果である事をご存知でしょうか。寝たきり年数というのは、平均寿命から健康寿命(日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと)を引いた年数の事を言います。

男性 平均寿命80.21歳−健康寿命71.19歳=寝たきり年数9.02年

女性 平均寿命86.61歳−健康寿命74.21歳=寝たきり年数12.4年

他の国の寝たきり年数は5年程度であるのに対して日本は10年にもなります。その期間は家族や周りの人に手助けしてもらって生きなければなりません。皆さんが望む未来は「ただ生きている」だけではないはずです。介護や支援を必要としたり、寝たきりになることではなく好きな時に好きな場所に行き自由で元気なカラダで長生きでなければ意味がない。そう思ってはいるのではないでしょうか。ではそうなるにはどうしたら良いのでしょうか。
それは年齢ととも無くなっていく「筋力」を養うことです。20歳以降から老化が始まり年に1%ずつ日常生活のみ送っていると低下していきます。70歳の時にはなんと筋力は20歳の頃に比べ半分以下になってしまいます。事故や病気で脚がダメになったのであれば仕方ないかもしれません。しかし、ただ単に運動不足によりダメなったのであればそれこそいたたまれないのではないでしょうか。
では運動といっても何をすれば良いのでしょうか。ウォーキング?ジョギング?いいえ。それは「スクワット」いわゆる「筋トレ」です。ウォーキングも確かに良いとは思いますがカラダが慣れてしまえばそれはダイエット時のカロリー消費、成人病予防にはなりますが筋力をつけることにはなりません。またジョギングは有酸素運動であり心肺機能向上にはなりますがやり過ぎれば膝を悪くしたり逆に筋力を低下させます。
その点スクワットは雨が降っても自宅でいつでも気軽に出来るし慣れて来たら重りを持つことで負荷も増すことも可能です。またスクワットは日常生活における立ったり座ったりの動作ですのでウォーキングやジョギングと違い日常生活で必要な筋力を養うことが出来、筋力低下が原因と言われる慢性腰痛、変形性股関節症、膝関節症にも効果的です。また下半身の筋肉は全身の筋肉の6割を占める為、ダイエットにも効果的です。しかしこんなに効果的なスクワットでもやり方を間違えれば逆に痛めてしまう事も珍しくありません。
そこで当ジムにあるスクワットマシンを紹介致します。このマシンは安全に効率よく脚全体を鍛える事の出来るマシンです!興味ある方は是非、お試しください(^^)

スクワットマシン動画

IMG_2919

こんにちは。今日はテニス肘(外側上顆炎)について書いてみようと思います。

テニス肘(外側上顆炎)とは?

腱などの水分含有量の少なくなる中高年のテニス愛好家に多い疾患ですがゴルフなどでも起こりやすく日常生活においても家事を行う主婦にも発生する。またオーバーユース、所謂使い過ぎにより若年者にも発生する疾患で上腕骨外側上顆を起始する伸筋群起始部の断裂や関節炎である。

治療法は?

まずは症状の原因となっている動作やスポーツ活動を中止して安静をはかる。腫れや痛みが強度でない限りは固定は必要ない。しかし、腫れや痛みが強度で日常生活にも支障がある場合は固定具、サポーターなどで固定しアイシングや超音波療法消炎鎮痛剤を行う。痛みが半減した段階で低周波療やマッサージ、ストレッチなどを行う。プレーに関してはテーピングやサポーターなどを行い痛みと相談しながら行うようにする。

スポーツ障害専門治療

https://www.koutsujiko-ryoseikotsuin.com/correction_s/

 

長崎で肩こり、腰痛、膝痛、スポーツ障害でお悩みの方、骨盤矯正、ダイエット、筋トレ、ストレッチをお望みの方は良整骨院、S&Cパーソナルトレーニングジムへ